外務員とは?(証券外務員資格の概要と重要性)

ガイド案内

外務員とは? その資格の重要性は? ということについて簡単に考察してみました。

(銀行に31年間勤務してきた体験=銀行・金融機関のここ20、30年間の推移・経緯を肌で体験してきた経験から)実は、外務員試験という資格が金融機関で求められるようになったのはそんなに昔の話ではありません。ここ10数年の話です。
また、以前は過渡期だったのか知れませんが、特別外務員という資格だけで十分な時代もありました。

それが次第に(正規の)外務員の資格を取得しなければ日々の仕事ができない、という時代になってしまったのです。

外務員とは? 証券外務員資格の概要

ガイド案内

そもそも外務員とは? 何なのでしょうか。証券外務員とも呼ばれたりしています。(以前は証券の文字が付いていましたが最近は外務員ということに表向きは統一されているようですが、昔の名残もあって混在しているというのが実情です)

ひとことで言うと、外務員とは、「銀行や証券会社などの金融機関(=金融商品取引業者等)で、金融商品取引業務を行う者」を言います。

今ではどこの銀行でも(収益の柱の1つとして)金融商品なるものを「商品」として取り扱っている=品揃えしているという状況ですから、つまり、外務員という資格がないと銀行員・証券マン≒金融機関の人間として仕事ができない、ということになってしまっているのです。

では、銀行員や証券会社に勤めている人間なら誰でも外務員になれるか、というとそうではありません。
外務員になるには、
①まず、外務員としての登録を受けるための「外務員資格」を有していることが大前提です。
②そして、金融商品取引業者等に入社した後で、氏名等を金融庁に登録してはじめて、外務員として活動することが可能になります。
※ 金融商品取引法によって義務付けられているのです。

つまり、外務員資格を有していないと銀行員(証券会社の職員)でも、できない業務がある、ということになります。

ちなみに、外務員には6つの種類があります。
一種外務員、二種外務員、信用取引外務員、特別会員一種外務員、特別会員二種外務員、特別会員四種外務員の6種類です。


ガイド案内

【コラム的な話】

銀行員という世界だけで考えると、お客さまから預貯金を預かるのに特別な資格など要りませんでした。
誰でも定期預金について説明して、セールスして、お金を預かったり、(後日)定期預金の証書をお届けしたり、というようなことができました。

でも、金融商品だけはそれが許されないのです。医師免許がないと診療行為ができません。税理士や司法書士の資格がないと税理士・司法書士として活動できません。そもそも運転免許がないと運転することができません。同じです

外務員の資格がないと、銀行や証券会社などで、お客さま(投資者)に説明したり、セールス(売込み)したり、いろんな事務手続きを行うことができない商品がある、のです。

そして、最近では、そういった金融商品が主力商品とまでは言いませんが、かなりのウエイトを占めるようになってきたのです。

逆に、お客さま(投資者)の側からみて、「あの銀行は、金融商品について(私の要求に対して)満足に説明できる人がいなくて困るのよね」なんてことになったら大変な機会損失です。

昔の銀行(金融機関)は、業界として大きな特徴がありました。
1.銀行は銀行、証券会社は証券会社、郵便局は郵便局などの棲み分けができていました。元々が国からの免許で営業・仕事ができる時代でしたので、各都道府県単位での地方銀行は表立って他県での競争などをすることはあまりありませんでした。

2.銀行の主力商品は、預金(定期預金)でした。

棲み分けと言えば聞こえがいいですが、護送船団方式でそれぞれが守られていたのです。他所の縄張りを荒らさないかわりに、自分たちの縄張りも荒らされない、お互い荒らさないようにしましょうね、という暗黙の了解事項ができていたのです。
守られていたのです。何に? 規制に! です。

それが規制緩和・自由競争という流れの中で、だんだんと垣根・テリトリーといったものがなくなって本当に何をやってもという時代になってきました。
銀行で生命保険が売られる時代です。以前ユニクロさんで野菜を販売する、という話がありましたが、将来は銀行で野菜を売る時代がくるかも知れません。(笑)

自由競争時代の前は(規制で守られていた時は)、銀行は経済成長・景気拡大もあってお金さえ集めれば、お金を借りてくださる会社・人はいくらでもいました。とにかくお金を集めることが銀行員のメインの仕事だったのです。運用と調達でいうと、運用は待っていてもいくらでもある、ならば調達を一所懸命に頑張れ、ということだったのです。

お金を集めるのに資格はいりませんね。銀行員というだけで集めることができたのです。特別な免許もいりません。預金集めが至上命題の時はせいぜい金融機関の職員向けの預金・貸付・財務・税務といったような銀行検定試験を受けるだけで良かったのです。

ところが・・・

外務員の重要性

ガイド案内

時代は変わりました。ほんと銀行(金融機関)に身を置いてきた人間からするともの凄い変化です。昔は不要というか、誕生してもいなかった制度・資格が登場して、それを取得するのが当たり前というか取得しないと仕事ができない、という時代になったのです。なってしまったのです。
それが外務員という資格です。

いまや銀行に足を運ばなくてもネットで資金移動やショッピングが簡単にできる時代です。しかもネットとつながることで24時間稼働です。
銀行の支店の中には実際の店舗を構えずにバーチャル空間に店を構えるネット支店が次々に誕生してきました。

そもそも日本国全体の人口が減少する方向に入っています。地方の町(高齢化率の高い田舎など)では、毎日のように誰かが亡くなってその残されたお金も都市部に住む息子・娘などに移転していきます。
地方の銀行に座しているだけではお金自体もどんどん都市部に流出することになります。

そんな中、簡単にいろんな情報が手に入る時代のお客さま(消費者)の多様なニーズに対応するためには、金融機関もどんどん品揃えを変えていく必要があります。さらに、収益機会を増やす・確保するという発想に立つならば、金融機関はこれからもどんどんと進化=品揃えの充実・商品の多様化していく可能性はあります。

そんな時代の流れの中で金融機関の品揃えとして、お客さま(投資者)が、(従来の預貯金などだけではなく多様な)金融商品を求めていらっしゃる、というニーズに対応するためどんどん金融機関側は商品の品揃えを強化してきました。また、それが収益の柱の一つになるものでもあったのです。

この流れは今後もしばらくは変わらないと思います。

そして(いわゆる)金融商品と呼ばれるものについては誰でもは販売できない・取り扱えない、ということになっているのです。それができるのは外務員だけです。
となれば、外務員の資格は金融機関に勤務する者にとっては必須の資格だ、ということになってしまったのです。

以前、銀行では就職が内定した人材に対してソロバンと札勘(さつかん=紙幣を扇形に広げたりして数えること)という事前の課題を課していました。時代の流れでソロバンは電卓に変わりました。

一時期、銀行に入行予定の人材に簿記(3級)の取得を義務付けるところも出てきました。それが・・・今では・・・外務員という資格です。

本来、銀行に主たる収益の柱である資産はストック型の資産です。毎年毎年、利息収入が入る貴重な資産です。
金融商品などはそれに短期・瞬発的な収益をプラスしてくれます。魅力なのです。ただし、もの凄いエネルギーが必要ではありますが。

これから銀行などの金融機関が、金融商品から手を引く、品揃えから外すということはあり得ないと思います。一度、手を染めれば自ら収益の機会を手放すということはあり得ません。

今後、外務員という資格が金融機関から不要の資格となることはあり得ません。逆に、新人の時から取得していないと話にならない、という感じです。金融機関に身を置く人間なら外務員の資格を持っていて当たり前、ということです。

だからこそ、銀行や証券会社に入ってからの資格取得ではなく、内定の時点で取得を義務付けているとは言いませんが、求める金融機関もあるというのが実態だと思いますし、もしあなたがこれから金融機関等でパート・アルバイトしようと思ったら、たとえそれが電話のオペレーターであっても外務員資格を取得しておいた方が自分の身のためだ、ということになります。


証券外務員試験・二種試験合格まで無料でトライ

外務員についてのまとめ

ガイド案内

もし、金融機関で働くなら、働きたいなら・・・外務員の資格を取得しておくことは前提条件としても取得しておいて損はしないと思います。
というよりは、取得しておかれることを強くお薦めする、という考え方です。

銀行に30年以上いた人間からのお薦めです。

パート・アルバイト、いや中途での採用を含めて外務員試験に(とりわけ外務員一種試験に)合格していることは、履歴書を応募する段階においても必要条件になる時代がくるかも知れません。

スポンサードリンク

ページの先頭へ