内部管理責任者

ガイド案内

内部管理責任者は、協会員での営業活動をチェックする立場の役職員のことです。

内部管理責任者、いわゆる「ないかん」と呼ばれる資格は一般の方は資格取得できません。金融機関の役職員だけが資格取得できるものです。

金融機関に勤務していたら、組織・上司から取得することを求められます。証券外務員一種試験とセットで資格取得できないと管理職になれない、という内々の規定を持っている金融機関もあるようです。

内部管理責任者とは?

内部管理責任者とは、協会員の営業単位(いわゆる本店とか○○支店とか)において営まれている営業活動が(金融商品取引法その他の法令諸規則等に準拠し、適正に行われているかどうかをチェックする立場の役職員を言います。

そのための資格が内部管理責任者としての資格となります。金融機関で外務員をチェック・統括するためには取得しておくべき資格、ということになります。

内部管理責任者と同じような概念として、営業責任者と内部管理統括責任者、があります。
内部管理責任者と営業責任者の違いは下記のような感じです。

内部管理責任者

営業管理責任者

内部管理責任者は、
自ら金融商品取引法その他の法令諸規則等を遵守するとともに、
自らが内部管理責任者として任命された営業単位に
おける営業活動が、金融商品取引法その他の法令諸規則等に準拠し、適正に遂行されているかどうか常時監査する等、適切な内部管理を行わなければならない。
営業責任者は、
自ら金融商品取引法その他の法令諸規則等を遵守するとともに、
自らが営業責任者として任命された営業単位に
所属する役員又は従業員に対して、金融商品取引法その他の法令諸規則等を遵守する営業姿勢を徹底させ、投資勧誘等の営業活動や顧客管理が適正に行われるように指導・監督しなければならない。
重大な事案が発生した場合は?
内部管理統括責任者(=協会員の代表権を有する社長・頭取に次ぐ高位の役員)に、速やかに報告し、その指示を受ける。
重大な事案が発生した場合は?
内部管理統括責任者(=協会員の代表権を有する社長・頭取に次ぐ高位の役員)に、速やかに報告し、その指示を受ける。
お互い兼務することはできない。 お互い兼務することはできない。

このあたりの違いは、内部管理責任者の資格試験に出題されることがあります。

実際には、実務で外務員としての業務を行うようになってから意識するところもありますが(上司=内部監理統括責任者との関わりなど)、金融機関にお勤めの方は、証券外務員資格試験の一次が終了したら、すぐに内部管理責任者の勉強を始めた方がいいかと思います。


ガイド案内

金融機関に努めている方以外は、内部管理責任者の資格は資格取得できませんのでご安心ください。

要は、自ら(支店単位で、銀行・証券会社の組織単位で)不正な取引等(コンプライアンス違反はないか、法令遵守しない外務員はいないか、お客さまにご迷惑をおかけしていないか)ちゃんとチェックしなさい、そして不正等があったらちゃんと報告しなさい、というものです。

ですから、組織側としては(たとえ社員の側が自分は管理職までならなくてもいいという判断でも)、管理する側の人間に誰がなってもいいように内部管理責任者の資格取得を求めることになるのでしょうね。

内部管理責任者の受験資格と難易度

元々は(外務員を)管理監督するための資格です。チェック機能を果たすための業務に必要な資格です。

自分たちが金融商品を購入する機会があるとしたら、銀行の窓口というケースがいちばん多いかも知れません。その場合、○○支店という時の店が、営業所(業務を行う)という単位になります。
となれば、そこの支店長が営業責任者で、事務方の最上位者(たとえば事務長とか次長とか)が、内部管理責任者となることが多いはずです。

ということは、何回も言ってますが、内部管理責任者というのは、金融機関において必要な資格、ということなのです。

受験資格

金融機関の役職員だけです。証券外務員資格試験は一般の方でも受験できるようになっていますが、内部管理責任者の資格は金融機関の人たちだけです。
金融機関への就職が内定している人などは(入行・入社前に)金融機関からの指示で、内部管理責任者まで取得させられると思います。

試験内容

内部管理責任者として(各営業店で)内部管理を行うのに必要な金融商品取引法その他の法令諸規則等に関する知識と実務的な知識があるかどうか、をみるためのものです。

試験科目的には、
・内部管理・法令遵守に関する基本的知識
・金融商品取引法及び関係法令
・協会定款・諸規則
・取引所定款・諸規則
・社内管理規定
 となっています。

【 出典:内部管理責任者資格試験受験概要 】

出題範囲日本証券業協会の「会員営業責任者・会員内部管理責任者必携」を中心に出題されます。
出題数と配点50問(1問10点の計500点満点)
試験時間1時間30分(90分)
合格基準500点満点で7割(350点)以上

難易度

合格率は、約8~9割あると言われています。それだけで「簡単なんだ」と勘違いしないでください。

証券外務員一種試験に合格した人たちがすぐに(記憶もまだ残っているうちに)、さらに勉強して内部管理責任者の試験を受けますので、合格率が高いのです。
さらに、内部管理責任者の試験は受験に失敗すると(不合格だと)、再受験できるまで猶予期間が設けられています。これも大きいと思います。

ガイド案内

一度、不合格になると・・・30日間は受験できません。さらに・・・

3回連続で不合格になると・・・恐ろしや・・・180日間(約半年間)受験できなくなります。

ビジネスマンだと、特に年に2回程度の人事異動がある組織だと・・・完全にマイナスポイントになってしまいます。だから、1回での合格を狙う、しかも記憶が薄れないうちに、というのが普通の発想になってしまいます。

勉強方法

ボリューム的には、証券外務員一種試験よりもずっと少ないものです。また、金融商品取引法などは勉強したばかりの試験範囲になりますので、一種試験に続けてすぐに勉強を開始することが得策です。

また、これまでお薦めしてきているように、問題集中心で、かつ繰り返し・繰り返し・反復・反復で記憶に定着させるやり方が一番のお薦めです。
基本的には、短期決戦型を目指しましょう。過去問・練習問題・問題集で(しかもICレコーダー等の活用により)、スキマ時間を有効活用するやり方がいいと思われます。(私には合っていました)

ガイド案内

証券外務員一種試験と同じやり方で、1.5ヶ月~2ヶ月程度で合格ラインに到達できると思います。

スポンサードリンク

ページの先頭へ