その他資格試験・検定試験等の考察

ガイド案内

銀行員などの金融機関に勤める職員は外務員資格試験だけではなく、その他たくさんの資格試験や検定試験などにチャレンジしなければなりません。昇進・昇格的な社内試験から始まって、公的な資格など多岐にわたって取得し続けないといけないというのが宿命です。それこそ昇進・昇格の必要条件でもあります。(決して十分条件になることはないのかも知れませんが)

公的資格試験

元・銀行員目線で考察してみたいと思います。

弁護士、公認会計士、税理士、不動産鑑定士、司法書士、行政書士、中小企業診断士、証券アナリスト、通関士、宅地建物取引主任者、消費生活アドバイザー、簿記検定、FP(ファイナンシャルプランナー)さらには衛生管理者、防火管理者といったものまであります。

これにコンピュータ関連の資格などを加えるともっともっと対象が増えることになります。

取得することで専門の部署に異動になったりキャリアを積めたりもしますが、それなりに時間と費用という代償が伴うものでもあります。
個人的な見解ですが(私の場合ですが)、宅地建物取引主任者は約3ヶ月、中小企業診断士は約1年の学習期間で取得することができました。

ですから、仕事をしながらでも(公的資格は)決して困難な資格ではないと思われます。
自分の人生です。しかも一度きりです。チャレンジしてみられることも決してマイナスにはならないはずです。

実際、私の場合は今でも中小企業診断士の資格を更新し続けています。企業のコンサル的な話をする中においてはバックボーン的な知識になっているのがありがたいというのが本当のところです。このまま更新し続けたいものです。

当サイトにてチャレンジする外務員試験は、二種試験だと約1ヶ月~1.5ヶ月で合格ライン到達は可能な試験です。一種試験でも約1.5ヶ月~2ヶ月で十分に合格できるレベル(難易度)の資格試験です。
コツコツと計画的に学習することで必ず合格につなげることができることは間違いありません。

検定試験

会社の仕事や営業よりも、検定試験を大事にする≒検定マニア的な人材もいたりします。それだけ業界の検定試験などは次から次へと取得し続ける必要がある場合もあります。

決まった年齢層の時に、決まった試験(一定数の単位)をクリアしないとOJTという意味からも、昇進・昇格という意味から(決まった時期・年齢層の時に取得しておかなければ)取り残されるくらいにいろんな検定試験が用意されている(義務付けられている・取得を指導されている)会社・組織もあるようです。

銀行だけで見てみると、財務3級、税務3級、外為3級、年金アドバイザー3級、相続アドバイザー3級・・・これらの上位資格である2級。
また、主宰者が異なる銀行実務初級、預金中級、貸付中級、法務中級・・・など、さらにこれらの上位資格の上級などもあります。

まさに、入行(入社)からずっと管理職になるまで、いえ管理職になってからも取得し続けないといけない、という世界です。
銀行員は大変です。(苦笑)

独断と偏見から知れませんが、仕事を覚えるの実務がいちばんです。しかもミスしたり、間違ったりして強烈な印象に残る出来事などに遭遇した方が早く覚えたりもします。

でも検定試験などの資格や技能を取得しておかなければ前に進めないこともあるのが現実世界です。ふと考えると・・・ずっと受験し続けないといけないような感覚すらあります。

ただ、残念ながら公的資格などと違って金融機関を離れた時にその資格(検定試験)が役に立つかというと・・・やはり疑問になるのが現実世界です。
だからこそ、効率的に学習することで貴重な人生を大切にしたいものです。外務員試験も必須というか、どうしてもチャレンジ・攻略しなければならないという場合は、可能な限り効率的な学習を心掛けたいものです。

スポンサードリンク

ページの先頭へ